知っておこう!ホームページ制作費用の実態とは?

ゼロからホームページを作ろうとするときに直面するのは、どうやって作ればいいかがわかりにくいことです。実際ホームページの作り方を習った人は少なく、いざ会社のために作ろうとしても壁に突き当たります。やはり、ウェブ制作が容易になったとは言え、制作会社に依頼するのがオーソドックスな作り方でしょう。

そのとき、見積もりを制作会社に提出してもらったとき、その金額が高いのか安いのか分かりにくいこともあります。ウェブ制作において、相場というものはかなり曖昧で、さらに制作会社によって大いに異なります。

今回は、ウェブ制作のおおよその相場の考え方について解説していきます。

ホームページを作るのはパンフレットを刷ることと同じようなイメージを持っている人がいますが、そうではありません。パンフレットなら印刷すれば、そこで仕事は終わりですが、ホームページというのは情報を更新して発信していくものです。

具体的にはホームページ制作費だけではなく、サイバー攻撃対策費などメンテナンス費や、新しい内容に更新するにも費用がかかります。なぜならホームページは普通はHTMLという形式のコンピュータ言語を操作して書いているので素人には難しいからです。データを保存しておくサーバーレンタル代や検索順位を上げておきたいときの対策費など、月何万も請求されることになります。

ホームページ制作費はばらつきがあり、ひな形に沿って作れるテンプレート使用で数万、完全オリジナルのページだと100万円以上かかることが当たり前です。大阪のウェブ制作会社の大手企業は、ウェブサイト上で「平均すると120万円~180万円での制作が多い」と公言しています。これは適正価格であり、ヒヤリング、パソコン用のデザイン制作、スマホ用のデザイン制作、写真撮影、文章制作、ワードプレスのためのオリジナルテンプレート制作、コーディングなどパンフレット制作とは違い、複雑で専門知識が求められる工程が多々あるので、人件費がかなり必要になるためです。

業者やサービスが違うのでばらつきが大きいのですが、メンテナンス費などすべてを含めると、トータルで年間30万から100万というのがおおよその相場です。結構費用がかかるので中小の企業には負担が大きいのが現状でしょう。

それに対して、無料CMSをダウンロードして使えば費用はほとんどかからずにホームページを作って更新させることができます。これは無料のコンテンツマネジメントシステムの略で、HTMLの知識がなくても簡単なブログを作るような感じでホームページを作ることができます。

とは言っても、結局ご自身でデザインを制作するため、ひと目見ただけで素人くささがバレてしまいますし、なにより慣れていないため時間がかかります。また、プロはウェブサイトを作る目的、例えば会社の知名度を上げたい、取引先が調査目的で閲覧したときに信頼されたい、ネット上で販売したいなどを軸において最初から最後まで貫徹することができます。プロでない方は、途中で目的と制作が曖昧になってしまうことが多々あり、途中から「とりあえず、ウェブサイトを作って公開できれば良い…」と妥協が生まれます。

ゼロからプロの外注する、無料CMSで自分で作る、この中間の方法として、「テンプレートを利用して、外注する」という方法が、今はおすすめです。

テンプレートを利用するため、デザイン制作費と、コーディング作業費が50%以上節約できます。デザイン面ではテンプレートの選定が重要になりますが、弊社ではおすすめのテンプレートを熟知しており、コーディネート可能です。

テンプレートを利用する場合は、だいたい40万円~60万円での制作が可能のなってくると思います。※もちろんページ数が極端に多い場合は難しいですが…

テンプレートを利用してウェブサイト制作を請け負っている制作会社は大阪では意外と少ないです。これを機会に、この選択肢も覚えておいてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 自由度が高いホームページ作成ツール!ワードプレスの特徴