自由度が高いホームページ作成ツール!ワードプレスの特徴

ウェブ制作会社やウェブに詳しい人との会話に必ず現れると言っても過言ではない「ワードプレス」というのはご存知でしょうか?

これまでのウェブサイトには「html」と呼ばれる言語を理解する必要があり、言語と呼ばれるだけはあって、ある意味、1つの外国語をマスターするくらいの難しさがありました。さらに、htmlのウェブサイトではブログを書いたり、文字を修正したりする”ウェブサイトを運営する”という当たり前のこともウェブ制作会社に依頼し、料金が発生します。

しかし、htmlを理解していなくてもウェブサイトを運営できるためのCMSと呼ばれるツールが世界中で開発され、その中でも圧倒的なシェアを誇るものが「ワードプレス(WordPress)」なのです。

今回はワードプレスの特徴をまとめました。

ワードプレスはブログ形式のホームページを作成することのできるツールです。

もともとブログ形式のホームページということで、ブログや新着情報、ニュースなど、会社のお知らせを発信することは簡単で、ウェブ制作会社に外注出さなくても運営できるようになります。ブログ形式のホームページといっても非常に自由度が高いことで知られており、企業のコーポレーションサイトのホームページ作成に使われています。

機能を拡張するためのプラグインの種類が豊富で、適切な知識と技術を持っていれば、デザインや機能をカスタマイズすることが可能です。テンプレートも数多く制作されており、無料のものから有料で高価なものまで提供されており、比較的安価な制作も可能です。

さらに、無料ブログ作成サービスによくあるサービス終了に伴い、削除されてしまうということがありません。

こうした長所がある一方で、初心者には扱いにくいという短所があります。

まず、サーバーとドメインを用意しなければ始められないという点です。サーバーは自前のものがなくともレンタルサーバーで賄えますが、それには使用料がかかります。インターネット上の住所と言えるドメインもお金(と言っても月額200円ほどですが)がかかるので、初心者が気軽に始める、というにはハードルが高いと言えるでしょう。

次に、一定の知識や技術が必要であるという点です。

カスタマイズを全くしない、基本的なページが作れて更新できるのであれば十分、というのであればそこまで難易度が高くはならないのですが、その機能のすべてを利用するには、使う側に相応の知識と技術が要求されます。HTMLやPHPなどがわからないと、望んだものは作れません。

これらの特長からワードプレスは、どちらかと言えばある程度ホームページ作成やプログラムに対する知識がある人向きのツールであると言えます。

 

初めの立ち上げは初心者には難しいかもしれません。サーバーとドメイン等の契約、ワードプレスシステムのダウンロード、無限にあるテンプレートの選定、テンプレートとは言ってもトップ画像などはご自身でデザイン制作する必要があり、SSLなどのセキュリティの考慮など、色々と準備することがあります。

一度立ち上がってしまえば、比較的かんたんに運営が可能です。

弊社では立ち上げのお手伝いと運営のアドバイスができます。もし、ワードプレスでのウェブサイト制作と運営に関心がある場合は、お気軽にお問い合わせください。上級者の法人さまより、初心者の方のお客様が多く、わかりやすくご説明することに長けています。相談はもちろん無料です。

関連記事

  1. 知っておこう!ホームページ制作費用の実態とは?